就寝時のアトピー改善

就寝時にアトピーが痒い原因

布団のダニやほこりが原因

就寝時にアトピーの肌がかゆくて眠れない!そのせいで睡眠不足になるし、かゆみも余計にひどくなるとお悩みの方も多いでしょう。

実は、アトピーの最大の特徴「かゆみ」を就寝時に感じる人はたくさんいらっしゃいます。これは、布団に入ってだんだん体が温まってくるにつれて、かゆみを感じる神経が過敏になってくるからです。また、緊張・集中している時よりもリラックスしている時のほうがかゆみを感じやすいとされています。つまり、布団の中で体があたたまり、さらに眠くなってリラックス状態になるとかゆみが倍増するというわけです。

これは、副交感神経が昂り、血管が拡張しているから。そのせいで、かゆみを感じる神経も過敏になってしまうのです。どうしてもかゆみが収まらない人や血が出るほどかきむしってしまう人は、まずは皮膚科を受診して、薬を処方してもらうことをおすすめします。

アトピーの改善情報ならこちら

布団や枕、毛布にダニやほこりがついている、もしくはシーツや枕カバーが不潔な場合にも、アトピーがひどくなることがあります。さらに、寝室の温度が高すぎる・掃除をしておらずほこりがひどい時にもアトピーは悪化しがちです。寝室も換気を行い、掃除をすること。また、寝具もこまめに洗濯したり、干したりするようにすることを心がけましょう。

さらに、精神的なストレスが原因でかゆみが増している人もいます。毎晩、寝る前にかゆみがひどくなる状況が続くと、それがクセになり「布団に入るとかゆくなってしまう」という悪循環にハマってしまう人もいらっしゃいます。こういう場合には、アロマを焚いたり、心地よい音楽を流したりして気分転換をはかるようにしましょう。

アトピーを改善したいなら、まずは心地よい眠りを得られるようにしなければいけません。しっかり眠ることで肌のターンオーバーも正常に行われるようになり、かゆみも収まりやすくなります。

Copyright © 就寝時にアトピーが痒い原因. All rights reserved.